月別アーカイブ: 2015年6月

思ってたよりも◯×△・・・脱毛体験者のリアルな声をまとめました

ureshi

脱毛サロンやクリニックを選ぶ時にもっとも参考になるのは、やはり実際に通っている方の正直な意見や感想ではないでしょうか。

以下に脱毛サロンやクリニック体験者のリアルな声をまとめました。忌憚ない意見を選択の参考にしていただければ幸いです。

■はじめての脱毛はニードル

脱毛エステサロンで施術を行いました。行ったのは永久脱毛だと言われたニードル式です。

施術したのはワキとひざ下です。ワキはなくなるまで何回施術しても、10万円のコースを使いました。2~3ヵ月に一度、2年くらいかかりましたがお得だと思います。

ひざ下は特別なコースがなかったので、通常の方法で。私は毛深かったので時間がかかると言われ、とりあえず目立つ毛を中心に抜いていくやり方でした。

これは30万くらいです。全部なくなった訳ではありませんが、ほとんどないような状態なので満足しています。

脱毛だけで40万くらい、アフターケアの化粧品に3万円程度かかりました。他にもやりたい所はありましたが、予算オーバーの為ここで終了しました。

■どろぼうひげを何とかしようと

口回りの髭がすぐにどろぼう状態になるのでボーナスをはたいて脱毛エステにいきました。費用は33万円場所が駅前でしたので通えるしということで思いきりました。

しかし施術後が痛い、ヒリヒリするのでマスクくらししかも月2回の半年かよわなければならず根気とお金が必要。さらに悪かったので弱い毛ではえてくるのでした。

マスク生活にもなれ、風邪の時期でもないのにマスクをしているものだから質問せめが大変でしたがなんとか交わしきり結果普通の人並みに弱い髭をてにいれました。良かったのかな?

■レーザー脱毛が意外に安かった!

施術を受けたのは新宿にあるレーザー脱毛のクリニックです。ケロイド体質なのもあり、痛みや皮膚との相性が不安だったので、最初は1回お試し1000円で両脇を脱毛しました。

その後、痛みもなく皮膚への影響も感じられなかったので本契約をしました。場所は同じく両脇です。脱毛完了するまで何度でも通えて1万円です。

高いと思っていたので驚きでした。

そこまで安いと「本当に大丈夫なのか」とまた不安になりましたが、某有名エステサロンで長年勤めたおばちゃん3人が経営しているお店だったので、信じてお任せすることにしました。

ムダ毛で女子力最低・・・

私は、自分のムダ毛は濃いほうだと思っています。
髪の毛はクセ毛でで細いのに、ムダ毛は太いのです。
ムダ毛の太さが髪の毛に来ればいいのにと思ってしまうくらいです。

ムダ毛で困ることというと、たくさんあります。
まず、剃っても剃っても生えてくるということです。
夏は本当に油断できません。
夜に剃っても翌日の朝には生えているので、なんだか悲しくなってしまいます。
だからといって朝も剃ってしまうと一日二回剃ることになり、
肌を傷つけてしまうのではないかと思ってしまうのです。
そういうこともあり結局一日一回、といっても毎日同じところを剃るわけではありません。
日によって剃るところは違うので、実質同じところを剃るのは二日に一回というかんじです。
こんな私、女性失格でしょうか。

そんなんで水着はどうするのと言われてしまいそうですが、
わけあって水着は着られないので、
全身に気を使わなければいけない機会というのは正直言って無いのです。
夏は勿論夏服ですが、人に見られるところはちゃんと剃っています。
脚はもともと出しませんし、腕に気を使えばなんとかなるかなというかんじです。

私、やはり女子力どん底でしょうか。
一般的というのがよく分からないのでこんなかんじなのですが、
もしかしたら酷いのかもしれませんね。

家庭用脱毛器はいい!

ムダ毛が一番気になる箇所といえば、脚に腕、それから手の指先と鼻の下です。
鼻の下は剃刀で処理していましたが、雑菌が入ったのか大きなおできができてとてもつらい思いをした経験が何度かあります。

でも美容外科での脱毛は高いし、痛そうだし、エステサロンも鼻の下だけっていうのはもったいないし・・ということで現在使用しているのが家庭用の脱毛器です。

効果が実感できるところまでは至っていませんが、剃刀で処理するよりは負担も少ないと思いますし、他の箇所にも脱毛器は使用できるので便利です。

ちなみに効果が感じられた箇所は、手の指です。
手の指も生えていると気になって仕方がない箇所の1つです。

毛抜きで抜いていたこともありましたが、とにかく痛いので、剃刀で処理していました。

ただ剃刀も手の指先にあてるのが結構難しいのです。
下手すると切れてることもあります。

そこで脱毛器がとても役に立ってくれました。
脚や腕に関しては、剃刀と脱毛器のW使いで、処理回数が一気に減りました。

剃刀だけだと1週間に1回くらいしないと夏場は特に困りますが、脱毛器との併用で2週間はキープできました。

冬場はそこまで気にしないので3週間に1回でも大丈夫かもしれません。
家庭用脱毛器、かなりおすすめです。

ムダ毛処理シェーバーで処理

私は毛深くて体中にムダ毛が大量に生えていますが、その中で特に困っている箇所があります。それは足の指に生えているムダ毛で、見ているだけで不快な気持ちになります。

精神的なダメージだけであれば靴下を履くことで防ぐことができるのですが、靴下を履いたことで大変困ってしまうことがあるのです。靴下というものは足の肌と密着しているので、もちろん足の指に生えたムダ毛にも密着します。

この現象のせいで毛が長ければ長いほど靴下と密着してしまい、少し歩くだけで毛が引き伸ばされて痛みを感じます。その痛みが厄介で、激痛ではなくほどほどにチクチクとした感覚なので中途半端で非常にイライラします。

さらに、痛みを感じている間は毛が引き伸ばされているとはいえ毛が抜けることはないため、歩き続けている間は常に痛みを感じてしまうのです。その痛みに気付いた頃は大抵毛がかなり伸びているのに処理をせずに放置していた状態で、自分のムダ毛処理の甘さに落ち込んでしまいます。

しかし、ひとたび足の指に生えたムダ毛を眉毛用シェーバーで処理すれば快適に過ごすことができるため、定期的にムダ毛処理を行うように気を付けています。ちなみに、足の指に生えた毛は手で抜こうとすると激痛を伴うため、剃刀またはムダ毛用シェーバーを使って処理をしましょう。

卓球の試合時にムダ毛が気になるから

私はスポーツが好きで特に最近は卓球にはまっています。
卓球の大会などでは服装が決まっていて、上はTシャツに下はスコートもしくはショートパンツという格好です。
しかしこれが悩みもので、脚のムダ毛が丸だしになってしまうんですよね。
それに腕を上げた時にはワキがまる見えになるので油断できません。
卓球場の照明がとにかく明るいので、ムダ毛処理をしていても毛穴がはっきりわかる状態なんです。
なのでそれが気になって試合に集中できなかったりと、ムダ毛が濃いせで損をしていると日々感じています。
一緒に卓球をしている友人や同じ会場で練習している女性を見ても、みんなムダ毛が生えていないようなキレイな手足をしているのです。
なのでここまで濃いのは自分だけなのではと不安になってしまいました。
そのあと知人にムダ毛処理をどうしているか聞いたら、一応自己処理をしつつ最近は脱毛サロンに通うようになったそうです。
しかし自己処理とはいえ多少は毛穴が目立ったりするものですが、その知人は毛穴すら見えません。
色も白いので恐らく男性ホルモンが少ないのでしょう。
ムダ毛がなくなったらもっと卓球やその他のスポーツに熱中できると思うので、スポーツを楽しむために脱毛を検討中です。

ムダ毛があって面倒で困ることは

ムダ毛があると、困ることが起こってきます。
腕や足などに打ち身やねん挫をした場合、シップを貼りますから、その時になって、ムダ毛を処理しておけばよかったと、自己嫌悪に陥る場合がありました。

シップを貼る際、ムダ毛があると、ムダ毛に沿って貼るのが良いか、その逆が良いか迷います。どちらにしても貼りづらく、テーピングで固定しても、剥がれてくる場合があります。上手く貼れないのが悩みの種です。

何度も貼り直したり、曲げる部分ですと、シップの形にも難儀します。
一日中そのことが気になり、何度も確認することも、しばしばあります。

ムダ毛の上から貼っているわけですから、本当に湿布の効果が効いているのか、疑問に感じる時もありました。

しかし、本当に難儀なのは、シップを剥がす時です。
ゆっくり剥がすと痛いので、一気に剥がすことにしています。
それでも、すごく痛みはありますが、その事を味わってからは、夏ごろになれば、ムダ毛の処理をするようになりました。

ムダ毛のない肌にシップを貼ることがあれば、剥がす際にも、あまり痛みは感じませんし、貼りやすくもなりました。
貼らないに越したことはありませんが、面倒がらずに、こまめにムダ毛を処理しておけば、痛い目にあわなくて済みます。

やっぱりレディは電気シェーバー脱毛よね

女性用電気シェーバーは、女性がムダ毛を処理するときに用いるアイテムです。ムダ毛の処理方法には、剃毛、除毛、脱毛とありますが、電気シェーバーでのムダ毛処理は、この中で剃毛にあたります。伸びて肌表面に出てきた毛を、電気シェーバーで剃るわけです。

女性用電気シェーバーの特徴は、肌を傷つけにくいところにあります。刃が直接肌に当たらないよう作られています。その肌への負担の少なさは、他のどんなムダ毛処理の方法より勝っているといわれます。

具体的に比べてみると、除毛では、タンパク質を溶かすクリームを肌に塗るので、もちろん肌に負担をかけます。脱毛では、毛を根元から引きちぎるので、毛穴の炎症を招きます。

剃毛では、毛を剃るときに肌も同時に傷つけてしまいがちですが(例えばカミソリを使うとそうです)、電気シェーバーを使うとこれは解消されます。

このように肌への負担が少ない電気シェーバーですが、いつでもどこでも使えたり、安価であったりという手軽さも持っています。

最近では、女性用電気シェーバーも様々なタイプのものが販売されています。乾電池式であったり充電式であったり、防水機能が付いていたりと、自分の需要に合ったものが選べるようになってきました。

そんな女性用電気シェーバーの代表的な商品のひとつに、パナソニックのフェリエシリーズがあります。フェリエシリーズは、顔の産毛を手入れするための電気シェーバーです。

使用している刃は薄く、その先は丸いので、肌を傷つけずに産毛を根元からカットできます。乾電池式で手軽に使えます。

商品によっては、ヘッドが肌の凹凸に合わせてスイングしたり、眉毛の長さを整えられるようにマユコームが付いていたりします。

顔の皮膚はデリケートですが、フェリエシリーズの商品のように、肌を傷つけないよう設計されているものを使えば、安心して産毛を処理できます。

顔の産毛は処理すると、顔色が明るくなるとともに化粧のりが良くなるので、女性にとってはメリットが大きいでしょう。

また、マユコームが付いている商品は、普段ハサミや毛抜きを使って眉を整えているけれど、時々失敗してしまうという人におすすめです。